PROFILE

田村 雪峰(たむら せっぽう)/Tamura Seppo]

現代美術家・書家・命名書作家

岩手手県出身盛岡市在住。

二松學舎大学在学中に渡米、帰国後に現代美術の分野を現場で学んだ。

近年はブロックチェーンの技術を積極的に活用したNFT命名書を発表。

国内外の店舗や旅館への筆文字作品提供・書道教室を主宰するなど書家として活動する一方、現代美術と書の融合に挑み前衛的な作品を国内外の個展やアートフェアで精力的に発表している。


岩手県書道協会員

日本教育書道会所属

田村雪峰書道教室主宰


1988年 岩手県二戸市出身

1995年 小学1年生から書道教室へ通う

2006年 二松學舍大学中国文学科書道専攻へ進学

2008年 大学休学・渡米

    「Fragment vol.3」Super Deluxe(東京)出展

2010年 unseal contemporary(東京)で現代アート分野を学ぶ

               「Emerging Directors' Art Fair ULTRA003」(東京)ディレクター出展


Solo Exhibition

2021年06月26日~07月24日 個展「10年後の胎動」八藝館(盛岡)


Duo Exhibition

2022年05月02日~05月07日 二人展「monochrome」ギャラリー彩園子Ⅰ・Ⅱ(盛岡)


Performance

2021年03月21日 揮毫「3.11東日本大震災復興支援寄付プロジェクト」盛岡町屋物語館(盛岡)


Media 

2021年07月14日 新聞「躍動感広がる筆墨の世界」岩手日報

2022年05月03月 テレビ「書に戦火の出口を求めてー盛岡で作品展」IBC ニュースエコー

2022年05月05日 新聞「墨書で試みる多彩な表現ー古典と現代の融合模索」盛岡タイムス

2022年05月27日 テレビ「5きげんテレビきんトクー書家:田村雪峰」テレビ岩手